0


    関連ニュース





    パチンコ・パチスロ動画攻略

    巨人、パラスポーツPR…試合後にファンと競技

    0
      プロ野球・読売巨人軍が2020年東京パラリンピック競技のボッチャなどパラスポーツの楽しさや奥深さをPRすることになった。 3月4日に東京ドームで行う東京ヤクルトスワローズとのオープン戦の試合後、選手とファンが一緒に競技を体験する。 予定する競技は3種目。 球を投げたり転がしたりして目標球により近付けるかを競う「ボッチャ」、座った姿勢でプレーする「シッティングバレーボール」の2種目は、パラリンピック実施競技だ。 さらに、円盤を投げる正確さや飛距離を競う「障害者フライングディスク」も行う。 (ここまで244文字 / 残り167文字) 2018年02月06日 08時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

      関連ニュース

      巨人、パラスポーツPR…試合後にファンと競技
      巨人、パラスポーツPR…試合後にファンと競技
      巨人、パラスポーツPR…試合後にファンと競技

      コスプレショップ比較一覧

      0


        関連ニュース





        SOHOの求人サイト

        0


          関連ニュース





          アニメ一覧

          羽生、団体戦回避へ…個人戦を復帰初戦にし集中

          0
            【江陵(カンヌン)(韓国)=永井順子】フィギュアスケート男子で五輪連覇を目指す羽生結弦(ANA)が、右足首負傷からの復帰戦となる平昌五輪で開幕直後の団体戦に出場せず、16日からの個人戦が復帰初戦にとなる見通しであることが2日、わかった。 日本男子は、羽生と宇野昌磨(トヨタ自動車)、田中刑事(倉敷芸術科学大)の3選手が個人戦に出場する。 このうち1人または2人が9日からの団体戦に出場する。 日本スケート連盟などによると、宇野は6日、田中は8日に現地入り予定で、両選手が団体戦に起用されるとみられる。 団体戦のショートプログラム(SP)(9日)とフリー(12日)出場選手は、それぞれ前日に確定する。 羽生は昨年11月に右足首の靱帯(じんたい)を痛め、その後は練習拠点のトロントで治療とリハビリに専念。 年明けから氷上練習を再開していた。 16日からの個人戦に照準を合わせて最終調整を続けるとみられる。 2018年02月03日 08時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

            関連ニュース

            羽生、団体戦回避へ…個人戦を復帰初戦にし集中
            羽生、団体戦回避へ…個人戦を復帰初戦にし集中
            羽生、団体戦回避へ…個人戦を復帰初戦にし集中

            パート関係の求人サイト

            障害者アルペンスキー、ジャパンパラ大会が開会

            0
              障害者アルペンスキーのジャパンパラ大会の開会式が2日、長野県上田市の菅平高原国際リゾートセンターで行われた。 競技は3日に大回転、4日に回転を行い、平昌パラリンピック代表の狩野亮(マルハン)、森井大輝(トヨタ自動車)らが出場する。 2018年02月02日 17時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

              関連ニュース

              障害者アルペンスキー、ジャパンパラ大会が開会
              障害者アルペンスキー、ジャパンパラ大会が開会
              障害者アルペンスキー、ジャパンパラ大会が開会

              人材派遣 求人

              0


                関連ニュース





                cd売上チャート

                0


                  関連ニュース





                  アルバム売上ランキング

                  平昌パラ、露は「中立選手」で個人参加のみ

                  0
                    【ボン(ドイツ)=風間徹也】国際パラリンピック委員会(IPC)は29日、ボンで記者会見を開き、国ぐるみのドーピング不正問題を抱えるロシアについて、3月に行われる平昌(ピョンチャン)パラリンピックに選手団としての出場を認めず、「中立選手」として個人資格でのみ参加できると発表した。 同国パラリンピック委員会(RPC)の資格停止処分は継続する。 ロシアを全面排除とした2016年リオデジャネイロ大会とは異なる判断で、潔白が証明された選手が出場できる。 IPCによると、不正発覚の直後に行われたリオ大会と違い、今回はロシア選手に対して厳格なドーピング検査が行われており、違反した選手を事前に排除して公正な競技環境を保つことができるのが理由。 (ここまで317文字 / 残り378文字) 2018年01月29日 21時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

                    関連ニュース

                    平昌パラ、露は「中立選手」で個人参加のみ
                    平昌パラ、北朝鮮選手出場の見通し…実現なら初
                    平昌パラ、露は「中立選手」で個人参加のみ

                    無料ホームページ一覧

                    0


                      関連ニュース





                      ブラジリアンワックス 堺

                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      PR
                      selected entries
                      archives
                      recent trackback
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM